1. ホーム
  2. ウォーターサーバーの選び方
  3. ≫雑菌が繁殖する不衛生で汚いウォーターサーバーとは?カビ・細菌への安全性が清潔の鍵

雑菌が繁殖する不衛生で汚いウォーターサーバーとは?カビ・細菌への安全性が清潔の鍵

ウォーターサーバーって、なんとなく清潔で安全そうなイメージがありませんか?

実はウォーターサーバーは、水道水と比較してとても雑菌・細菌やカビが繁殖し易い環境です。

なので、ウォーターサーバーを選ぶ時はしっかりと安全対策をしているものを選ぶ必要があります。

 

ウォーターサーバーはなぜ雑菌・細菌やカビが繁殖しやすいか

水道水とは違いカルキ(塩素)が含まれていない

水道水が美味しくない大きな理由の一つが、カルキ臭がすることです。ウォーターサーバーの水はカルキ臭がしないため、大変美味しいです。

しかし、水道水にカルキ(塩素)が入っているのは雑菌・細菌の殺菌のためです。ウォーターサーバーの水は元々安全ですが、カルキ(塩素)が含まれていないため、適切な管理をしていない場合、雑菌・細菌は繁殖しやすいといえます。

 

外気に含まれる雑菌やカビが混入する

ウォーターサーバーのタイプによっては、水を注ぐ度に外気がぼこぼこっとボトルに入る物があります。また、ボトル交換の際にも外気に触れる場合があります。

水が外気に触れると、空気中に含まれている雑菌・細菌やカビがウォーターサーバー内の水に混入し、繁殖するきっかけになります。

 

ウォーターサーバーの内部は手入れがしにくい

ウォーターサーバーは、分解しないと内部まで手入れできないことがほとんどなので、レンタルした個人では完全にメンテナンスできず、メーカによるメンテナンスが必要となります。

 

天然水には雑菌の餌となるミネラルが含まれている

真水や濾過水の場合、雑菌が入り込んでも、餌となるものがないため、繁殖はしにくいのですが、天然水の場合、雑菌の餌となるミネラル分が豊富に含まれているため、繁殖しやすい環境になっている場合があります。

 

安全性の高いウォーターサーバーを選ぶ方法

具体的にどのようにしてウォーターサーバーを選べばよいか説明します。

ウォーターサーバーにクリーニング機能がついているか

ウォーターサーバーの内部は雑菌が繁殖し易い環境となっていることが多いため、サーバー内部をクリーニングする機能がついているかどうかが重要です。

細菌のサーバーにはこの機能がついていることがあり、内部で熱による殺菌などが行われます。

 

空気中の雑菌が水に混入しづらい仕組みになっているか

空気中の雑菌がウォーターサーバーの水に混入しないようなしくみがあるかどうかも重要です。

例えば水がボトルではなくやわらかいパックになっており、ウォーターサーバーから水をだしても空気が内部に入らない仕組みのウォーターサーバーがあります。

 

メーカーによる定期的な水質検査が行われているか

メーカーによっては、水の水質や放射能の値を定期的に外部の専門機関が検査し、結果をホームページに好評していたりします。

 

安全性が重視されたウォーターサーバーランキング

コスモウォーター

コスモウォーターの宅配水

  • 密閉型ボトルで外気を極力取り込まず最後の一滴まで新鮮
  • 内部に取り込む空気をクリーン処理する「クリーンエア」を搭載
  • 120項目以上の独自基準で品質を徹底管理

コスモウォーターは、安全性が高いのはもちろん、コスパや味も最もおすすめです。

申し込み・詳細の確認はこちら

 

フレシャス

「フレシャス」ウォーターサーバーの口コミ・評判まとめ

  • 温水をサーバー全体に循環させるクリーニング機能搭載
  • 容器が収縮することで水が空気に触れにくく雑菌混入の心配が少ない
  • 放射性物質検査の結果を毎月好評

フレシャスは、安全性が高くおしゃれなサーバーでおすすめです。

申し込み・詳細の確認はこちら

 

プレミアムウォーター

おすすめウォーターサーバー

  • 飲んだ分だけ収縮するボトルで外部空気が入りにくい
  • 4段階以上のフィルターで除菌して無菌のクリーンルームでボトリング
  • 厳重な品質管理規定により水質検査や放射能検査を実施

プレミアムウォーターはクリーニング機能はありませんが、水の製造工程での除菌や検査がしっかりしています。コスモウォーター、フレシャスの次におすすめです。

申し込み・詳細の確認はこちら

シェアをお願いします。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。